About TOHO Racing

東広島のレーシングチーム TOHO Racing

全日本ロードレース選手権のトップライダーである山口辰也とTOHO Racing代表の福間勇二が出会い、2011年より東広島にレーシングファクトリーを構え本格的にレース活動を開始しました。

初年度から全日本ST600クラスでチャンピオンを獲得すると、翌年2012年より最高峰クラスであるJSB1000クラスに参戦。鈴鹿8時間耐久ロードレースで、世界の強豪を相手に2位に入る快挙を成し遂げました。JSB1000クラスでもTOHO Racingのホームコースである岡山国際サーキットでWorks(メーカー直系チーム)を退け優勝を飾りました。

2年間の休止期間を経て2020年より新体制で活動を再開。2022年は、世界で活躍した清成龍一を迎えJSB1000クラスにエントリー。國川浩道、國峰琢磨もST1000クラスにフル参戦します。

また、TOHO Racing Clubとして一般ユーザーをバックアップ。鈴鹿4時間耐久ロードレース、岡山ロードレースでの参戦や走行会、ツーリングイベントなどを開催。地元イベントへの出展、交通安全啓蒙活動なども行って参りました。

鈴鹿8時間耐久ロードレース TOHO Racing成績

年代順位ライダー
2011第10位山口辰也
國川浩道
江口謙
2012準優勝山口辰也
高橋裕紀
手島雄介
2013第7位山口辰也
伊藤真一
渡辺一馬
2014第5位國川浩道
山口辰也
小林龍太
2015第14位山口辰也
T.ELIAS
R.WILAIROT
2016第11位G.REA
山口辰也
R.WILAIROT
2017第6位小山知良
岩戸亮介
山口辰也
2018~2019出場無し
2020~2021大会中止
2022第5位清成龍一
國峰啄磨
國川浩道

事業内容

  • チームとして、全日本ロードレースを初め、鈴鹿8時間世界耐久レース、アジア選手権等 国内外のロードバイクレースに参戦
  • TOHO Racing Clubの運営(クラブ員の育成)
  • TOHO Racing 主催の走行会や、イベントレース等の開催
  • ライディングスクールを展開
  • オリジナルパーツやグッズの販売
  • オリジナルコンプリートマシンの販売
  • オートバイのマシンメンテナンス
  • オートバイ関連商品の販売など

プライバシーポリシー