2023年チーム体制発表

2023年チーム体制

JSB1000に清成龍一
ST1000に國峰啄磨
ダブルエースで2クラス制覇を目指す!

2023年シーズンのTOHO Racingチーム体制を発表いたします。2022年シーズンに続き、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに清成龍一を、ST1000クラスに國峰啄磨を起用して参戦いたします。

開幕前のアクシデントで負傷し鈴鹿8耐からの復帰となった清成でしたが、TOHO Racingで3戦目となる最終戦鈴鹿で表彰台に上がり、その実力を発揮してくれました。チーム2年目はさらなる飛躍を狙います。

國峰は、ST1000ルーキーながら最終戦までシリーズチャンピオンを争いました。惜しくもランキング2位となりましたが、その経験を生かし、もう一つ高いポジションを目指します。

鈴鹿8時間耐久ロードレースにも参戦予定です。

2023年シーズンも東広島からモータースポーツを盛り上げ、ご支援いただいている皆さまの、ご期待に応えるべく戦って行きます。TOHO Racingへの熱い応援をお願いいたします。

全日本ロードレース選手権参戦体制

JSB1000クラス:清成龍一 #10 マシン:Honda CBR1000RR-R タイヤ:ブリヂストン

ST1000クラス:國峰啄磨 #2 マシン:Honda CBR1000RR-R タイヤ:ダンロップ

JSB1000ライダー
清成龍一コメント
「2022年からTOHO Racingに加わらせていただいたのですが、開幕前の転倒でケガをしてしまい思うように走ることができずチームや応援してくださっている皆さんに申し訳ないシーズンになってしまいました。
実質、後半の3戦しか走ることができませんでしたが、その中でバイクのセットアップを進め、ライディング面も合わせてよくなってきていたので、2023年シーズンが楽しみです。初心に戻り貪欲に取り組んでいきます」

ST1000ライダー
國峰啄磨コメント
「まずは2023年もTOHO Racingで走れることを福間代表を始めチームの皆さんに感謝いたします。2022年は、ST1000ルーキーとして初めて尽くしのシーズンでした。その中で、いろいろ吸収してチャレンジしていくうちについてきた結果でしたし、ランキング2位になれたのはチームのおかげです。2023年は、2022年に学んだことを生かして、一戦一戦優勝を、そしてチャンピオンを狙っていきます」

福間勇二代表コメント
「2023年も引き続きJSB1000クラスに清成龍一、ST1000クラスに國峰啄磨を起用して全日本ロードレース選手権にフル参戦します。
清成は2022年開幕前に負傷してしまい、シーズン後半戦からの復帰になりましたが、最終戦は表彰台に上がる走りを見せてくれたので、2023年が今から楽しみです。國峰は2022年に大きく成長しST1000でのルーキーオブザイヤー、ランキング2位を獲得。2023年は、さらなる激戦が予想されるST1000クラスですが、頂点を目指していきます。
鈴鹿8耐も2022年は5位という結果でしたので、2023年こそ表彰台に上がれるように取り組んでいきます。2023年シーズンのTOHO Racingにご期待ください」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です